• news
  • schedule
  • biography
  • discography
  • works
  • contact
  • diary
  • link

biography

宮内康乃 / Yasuno Miyauchi

作曲家 / composer

東京学芸大学 G類音楽科 作曲専攻卒業。IAMAS(情報科学芸術大学院大学)メディア表現研究科修了。大学にて作曲を、大学院にてメディアアート、コンピューター音楽、アルゴリズミックコンポジションなどを学んだ結果、呼吸など人間の有機的な、身体的特徴を活かした独自の作曲法を確立し、呼吸と倍音に着目した女声のための合唱曲「breath strati」を作曲。その作品が、オーストリア、リンツでの「Prix Ars Electronica 2008」にてHonorary Mentionを受賞する。
2008年より、「breath strati」と同じコンセプトの実践を目指し、声、身体、空間に着目した音楽パフォーマンスグループ「つむぎね」を立ち上げ、活動を開始。おもに声と鍵盤ハーモニカを用い、さまざまな位置から空間全体に響きを紡ぎ出していくパフォーマンスを展開し、2008年度トーキョーワンダーサイト主催「Experimental sound, art and performance festival 2008」にて最優秀賞を受賞。現在も活発に活動を行っている。
2011年には、複数の鍵盤ハーモニカのための作品「mimesis」が、第6回JFC作曲賞を受賞。長年続けて来た、楽譜を使わず、鍵盤ハーモニカという非西洋楽器を用いた表現で、現代音楽の世界に一石を投じた。最近は委嘱制作もさかんに行っており、とくに正倉院復元楽器、箏、声明など、日本の伝統的な楽器やプリミティブな表現による作品を多く手がける。

また、こういった実験的な表現に挑戦する一方で、調性的な音楽はもちろん、日常のさまざまな音を録音して、コンピューター上で楽音とミックスして作る音楽なども数多く制作している。このような表現では、長年さまざまなジャンルの表現とのコラボレーションを行い、これまでに映画、映像、ダンス、演劇、インスタレーションなど、数多くの作品の音楽を手がけ、NHKドラマの劇伴音楽などの仕事も手がける。

She graduated from Tokyo Gakugei University, where she studied classical and modern music composition. Later she studied media art, computer music, and algorithmic composition under Prof. Masahiro Miwa at IAMAS (Institute of Advanced Media Arts and Sciences). During her research she developed musical expressions which employ characteristics of human bodies, and as a graduation piece she created a choir piece “breath strati“, which focuses especially on voices and overtones. With this piece she received an “Honorary Mention” at “Prix Ars Electronica 2008”.

She is interested in music performances in which a group of people create a sound while paying special attention to the voice, body and space. She launched a music performance group TSUMUGINE in 2008, which won the first prize at “Experimental sound, art and performance Festival 2008” organized by Tokyo Wonder Site. TSUMUGINE performs actively since then, and in 2011, her latest piece "mimesis - for several melodicas" has won the prize "the 6th JFC composer Awards". Her original method caused a stir in the contemporary music scene. Lately she obtains several commissions for music compositions especially for Japanese traditional instruments, such as Koto and Shomyo (Buddist's chant).

Yasuno's composition ranges from experimental expression to harmonic music and computer mixing sounds. Her wider capability enables her to collaborate with various artists from different genres, such as film, video art, dance, theater piece, installation, and TV drama.

detail profile